healthy food

長らく出てこない場合

便秘の原因となるもの

便秘とは、およそ三日以上排便が無い状態を指します。また排便が困難であったり残便感がある場合も便秘と認識されています。便秘は原因によっていくつかの分類があります。最も危険なものは、大腸や直腸のガンや腫瘍など病気が原因のもので、血便を伴う場合もあり早急な治療が必要です。一般に最も多いのが、様々な理由で排便機能が衰える機能性便秘と呼ばれるものです。食物繊維の摂取が少なかったり、運動不足により腹筋が衰えることで腸への刺激が弱くなり、腸の動きが鈍ることなどが原因にあげられます。また多大なストレスによって自律神経が異常をきたすことでも、腸管が狭まるなどして排便まで時間がかかり便秘になります。便を我慢しすぎることで直腸の感受性が低下して便意が感じづらくなり、便秘となることもあります。便秘解消にはこれらに対処する必要があります。

便秘を解消する方法とは

便秘解消のためには生活習慣を改善する必要があります。毎日心掛けるべきこととして排便を我慢しないことや、毎日決まった時間に排便を行う習慣をつけることは効果的です。腹筋は腸を刺激して働きを活発化させますので、トレーニングや運動を習慣づけることも重要です。便秘解消のためには毎日の食事にも気を配る必要があります。食物繊維を摂取することによって柔らかい便を作る効果があり便が出やすくなります。これはリンゴやオレンジなどの果物、カボチャやキャベツなどの野菜のほか、穀類や豆類にも含まれます。同じく水分の摂取も便を柔らかくて通りをよくする効果がありますが、アルコールの場合は逆効果となってしまいます。そしてストレスを貯めない規則正しい生活を心がけることも便秘解消には重要なこととなります。